PRO CLUB(プロクラブ)のヘビーウェイトTシャツのサイズ感レビュー。タフな最強無地T

この記事は約13分で読めます。
この記事を読むとわかること
  • PRO CLUB(プロクラブ)とは
  • プロクラブ ヘビーウェイトTシャツの特徴・デザイン・生地の厚さ
  • プロクラブ ヘビーウェイトTシャツのサイズ感・シルエット
  • プロクラブ ヘビーウェイトTシャツは洗濯するとどれくらい縮むのか
  • プロクラブ ヘビーウェイトTシャツの価格や取り扱い店舗
  • プロクラブ ヘビーウェイトTシャツのコーディネートサンプル
  • プロクラブ その他の人気アイテム

何枚あっても困らない無地のTシャツ。夏になるとほぼ毎日着るからできれば安く、そして1枚でもチク透けしない丈夫な厚手のヘビーウェイトTシャツがいいですよね。
いままで、さまざまな白Tシャツを買っては着倒してきましたが、そういえば有名どころのPRO CLUB(プロクラブ)の白Tシャツは買っていなかったなと思って、今回買ってみました。
これがめちゃくちゃよかったので、レビューします。よくいままで買ってこなかったなと。
一枚1500円くらいで買えるので、感想としては「リピ買い必須」って感じです。

PRO CLUB(プロクラブ)とは

PRO CLUB(プロクラブ)は、アメリカ・ロサンゼルスで1995年に誕生したベーシックウェアブランド。
Tシャツ・ロンT・パーカー・スウェットなど、シンプルで無地のアイテムを幅広くラインナップしており、地元LAでは生活アイテムとしても定着しています。
そんな定番の無地系ブランドのプロクラブの中でも、特に人気なのが今回購入したヘビーウェイトTシャツです。
このヘビーウェイトTシャツは、アメリカの世界的にも有名なヒップホップアーティストたちがよく好んで頻繁に着用しており、ストリートシーンや日本の音楽シーンでも愛用者が多いようです。

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツの特徴・デザイン

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツのデザインの特長をひとつずつみていきます。

しっかりした首元のリブは少しきつめ。洗濯しても伸びなさそう。

プロクラブの大きな特徴の一つが、丈夫で詰まった首元のリブ。
一般的なTシャツよりもかなり詰まっていますが、リブで伸縮性あるので、苦しいということはないです。
またこの詰まった首元は洗濯を繰り返しても伸びにくく、耐久性が高め。
Tシャツというと、1年も着たらよれよれになってしまうものですが、プロクラブのTシャツはヘビーオンスに加えて、この詰まった首元のおかげで型崩れなどが起こりにくく、1年以上余裕で着られるようです。

ほかブランドのTシャツと比較してみました。
左がプロクラブ、右がチャンピオンの7oz ヘビーウェイトTシャツです。やはりプロクラブのほう首元が詰まっている印象。

↓チャンピオンのヘビーウェイト白Tシャツのレビューはこちら。

アメリカブランドらしい長めの着丈でオーバーサイズに着られる

アメリカブランドのTシャツに多いのが長めの着丈。プロクラブのTシャツも例に漏れず、少し着丈が長めにできています。
といっても長すぎるということはなく、少し長いくらいなので、アメリカっぽい雰囲気を楽しめます。
最近よくあるオーバーサイズのTシャツって、意図的にオーバーシルエットなデザインになっているので、横幅が広く、着丈が短い形になっているのですが(ユニクロとかGUとか)、プロクラブはそもそも大きめの作りで着丈長めなので、流行りのオーバーシルエットにはならず、「単純に大きいTシャツ」って感じです。
オーバーシルエット疲れの紳士諸君には逆に新鮮なのではないでしょうか。
私は計算されたオーバーシルエットは苦手なのでこういった「アメリカの服」って感じのシルエットが好みです。
着用画像は記事の中盤でどうぞ。

とにかく真っ白。ほんとに真っ白。

わたし的にプロクラブのTシャツを買った一番の決め手となったのがその白さ。
これが本当に真っ白なんです。
一般的な白Tシャツって、実は真っ白じゃなくってちょっとクリームがかった白Tシャツが多いのですが、プロクラブの白Tシャツは、まごうことなき圧巻の白さ。アタック的にいうと驚きの白さ。
ちょっと言葉ではわからないと思うので、ユニクロとチャンピオンのTシャツと見比べてみました。
左がユニクロのスーピマコットンTシャツ、真ん中がプロクラブ、右がチャンピオンの7oz ヘビーウェイトTシャツです。いずれもカラーは白を選択しています。

見てみると結構違いますよね?
ユニクロはクリームがかった白で、プロクラブは少し青みがかった白、チャンピオンは王道の白って感じです。
このプロクラブの青みがかった白さが、夏の日差しの下や、シャツなどのインナーに映えます。
またTシャツ以外のトップスやボトムスともカラーのメリハリがついていいと思います。

↓チャンピオンのヘビーウェイト白Tシャツのレビューはこちら。

丸胴ボディで、ストレスない着心地

プロクラブのTシャツは胴体部が筒状の1枚の生地からできている丸胴ボディを採用しています。
一般的なTシャツは脇の下に縫い目があるのですが、丸胴ボディだと縫い目がなく、脇や脇腹などの肌に縫い目が触れないため、着心地がよいです。

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツの生地感・厚さ

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツの生地感を一言でいうと「タフ」。これに尽きます。
生地の厚みは6.5ozでとてもタフなヘビーオンスになっており、生地の目が詰まっているので、かなりがっしりした印象です。
「6.5oz」は「6.5オンス」と読み、これは生地の重さを表しています。
一般的に、3〜4オンスの生地は非常に薄手で、白の場合はかなり透けるようです(チク透け)
ヘビーウェイトといわれるのは大体、5〜7オンスの生地のことで、肉厚で耐久性があります。
今回購入したプロクラブの無地Tシャツは6.5オンスなので、非常に厚手の部類です。

生地はアメリカ製コットンで表面はザラッとした肌触りでカラッと乾いたような質感を持っており、細かい凹凸があり表情豊かです。
目が粗いので、ジーンズやチノパン、古着やアメカジ・ストリートファッションと相性が良さそうです。
逆にキレイめな格好や、ジャケットの中に着る場合はもっと目が細かいなめらかな質感のTシャツのほうがいいですね。

インナーなしで1枚でも着られるくらい厚手なので、夏場にTシャツ1枚で着たい場合でも、乳首が透けず安心です。

↓同じくチク透けしない、チャンピオンの7oz ヘビーウェイトTシャツのレビュー記事はこちらからどうぞ。

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツのサイズ感・シルエットは?

SIZESMLXL2XL3XL
着丈70.075.076.078.083.588.5
身幅45.051.555.559.067.072.5
袖丈22.023.524.024.025.526.0
肩幅39.047.050.553.060.069.0

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツは、日本ブランドのTシャツのサイズ感と比べるとワンサイズくらい大きめな作りになっているので、ジャストサイズで着たい方は、普段よりワンサイズ大きめ。ゆったりと大きめで着たい方は、普段のサイズと同じかワンサイズアップするとよさそうです。
全体的なシルエットはストンと縦にまっすぐ落ちるような、いわゆるボックス型となっています。

167cm 60kgのわたしはLサイズを購入しました。XLと迷ったんですが、大きすぎるかもなと思って無難にLサイズを選んだのですが、Lサイズを着用してみるとXLサイズでもありかなと思いました。
Lサイズだとお尻がすっぽり隠れるくらいの着丈です。

ほかブランドのTシャツと比較してみました。
左がプロクラブのヘビーウェイトTシャツのLサイズ、右がチャンピオンの7oz ヘビーウェイトTシャツのMサイズです。
サイズが違うので正確な比較はできないのですが、プロクラブのほうが縦にストンと落ちている印象です。チャンピオンのほうは着丈の割に横幅が大きい印象。
例えるなら、プロクラブは縦長方形で、チャンピオンは正方形って感じのシルエットです。

ちなみに私はポケット付きのTシャツを買いまして、ポケットなしのTシャツと比べると同価格か数百円アップする場合があるようです。

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツは洗濯するとどれくらい縮むのか

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツは洗濯すると少し縮むようです。
まぁコットンのTシャツはほとんどが縮むので、プロクラブも例外ではないみたいです。
どのくらい縮むかというと、袖や裾が2〜3cm程度縮むようなので、大きめに着ようと思っている方は2サイズくらアップで買ってもよいかもしれません。3サイズはたぶんやりすぎになっちゃいそう。
乾燥機にいれるとさらに縮むので、2サイズ大きめを買って、洗濯して縮んで、まだ少し大きいなと思ったら乾燥機にぶち込めば、さらに数センチ縮むので買ったあとに若干のサイズ調整は可能かもしれません。
私は167cm 60kgでLサイズを購入しました。XLでもよかったんですが、無難にLサイズを選んで満足しています。そのうちXLサイズも買って場面で着回してもいいかなと思っています。

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツは安くて買いやすい価格

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツは1500円〜2000円くらいで買えます。
楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピングだと大体1500円前後で売っています。
毎日着るので、大量に無地Tシャツを持つとなると、価格は安いほうが絶対にいいです。
着古したり、汚れたりしても、気軽に買い替えられるし、高いTシャツを気を使って着るよりも、安くて丈夫なTシャツを気兼ねなく着るほうが好みです。

また買いやすいのもポイント高いです。
プロクラブは世界中で売っているブランドなので、「また買いたかったけど、もう販売していない…」「オンラインでは売ってない」というのがないので、通年でいつでも買えます。
オンラインでも数日で届くのがよいですね。

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツの取り扱い店舗

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツの取り扱い店舗ですが、ネット通販では楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピングなど、いろいろなところで取り扱いがありますが、実店舗では正直どこで売っているのかわかりません。
日本にはプロクラブの直営店舗がないので、セレクトショップなどで取り扱いがあれば探せるのですが、いわゆるBEAMSなどの大手セレクトショップでは取り扱いがないようなので、輸入ブランドを取り扱っているような実店舗を探して、店頭に置いてあればラッキーという感じです。

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツとコンフォートTシャツの違い

プロクラブにはヘビーウェイトTシャツの他にコンフォートTシャツというものもあり、見た目はほとんど変わりないのですが、その違いは生地の厚さです。
ヘビーウェイトTシャツは6.5オンスであるのに対し、コンフォートTシャツは5.8オンスと、若干ですが薄くなっています。
といっても5.8オンスも十分厚いヘビーウェイトの部類ですが。
したがって、2つのモデルを比較したときに、コンフォート(快適)という名の通り、コンフォートTシャツのほうが生地が若干薄いので、その分柔らかく着心地を重視したTシャツになっています。
あとはコンフォートTシャツのほうが数百円安いです。ネットだと1000円程度で買える場合もあるようです。
どちらも所有して場面によって着回すのもいいと思いますが、個人的には1枚で着こなすならヘビーウェイトTシャツのほうが、がっしりと肉厚で好みです。

プロクラブ ヘビーウェイトTシャツのコーディネートサンプル

プロクラブのヘビーウェイト白Tシャツは海外、日本国内問わず愛用者がとても多いです。
インスタグラムで見つけたかっこいいコーディネートをいくつかピックしてみました。

シンプルで男らしいストリートスタイルにとてもよく合います。サイズはワンサイズアップがおすすめ。

大人っぽいスタイルや、きれいめなタックインスタイルにも真っ白なカラーが映えます。サイズはジャストサイズくらいがおすすめ。

もちろん、海外のヒップホップカルチャーシーンでもいまでも根強い人気があります。

プロクラブ その他おすすめ人気アイテム

プロクラブにはTシャツのほかにもヘビーウェイトかつベーシックで人気のおすすめアイテムがたくさんありますので、いくつかご紹介します。

プロクラブ ヘビーウェイト パーカー

こちらもヘビーウェイト生地のパーカーです。
Tシャツと同じ生地ではなく、パーカーの中でもさらに厚手の13オンスの生地を使用していて、冬場でもかなり暖かそうです。
厚手なのでしっかりとフードも立つし、シルエットがかっこいいので、大きめサイズをガバっと着るとよさそうです。

プロクラブ ヘビーウェイト サーマルTシャツ

表面がデコボコとワッフルのような質感になっている8.1オンスのサーマルTシャツです。
このデコボコが空気の層を作り、保温性を高めてくれるので、秋冬におすすめです。
分厚い生地なので、インナーだけでなくもちろん一枚でも着られるくらいの厚みがあります。
インナーで重ね着前提であればジャストサイズを選んで、一枚で着る前提であればゆったりとワンサイズアップで着るのがおすすめです。

プロクラブ タンクトップ

プロクラブのタンクトップもおすすめです。
タンクトップも5.7オンスと厚めで丈夫なのですが、インナー前提で伸縮性のある生地を使用しているので着心地もよく、3パックで格安で販売しているので、Tシャツやシャツのインナーに重宝しそうです。
インナー前提なので、着丈は長くなっており、裾からチラ見せもできるようになっています。
タンクトップはぴったりジャストフィットで着たほうが着心地がいいので、普段どおりのサイズかワンサイズダウンして選ぶとよさそうです。

タイトルとURLをコピーしました