日本には売ってないコンバース チャックテイラーCT70の購入方法

この記事は約8分で読めます。

コンバースが欲しい。それもチャックテイラーが。
ABCマートに売っているような現行のオールスターじゃなくて、チャックテイラー(通称CT70)がどうしても欲しい。ただ調べてみると日本では販売していないだと…?
ということで、今回は私がコンバース チャックテイラーCT70を買えるまでの経緯をご紹介します。

ちなみに私が購入したコンバース チャックテイラーCT70はローカットモデルのFIELD SURPLUS(サープラス)というミリタリーっぽい、カーキカラーです。
SURPLUS(サープラス)というのは米軍放出品という意味だそう。

コンバース チャックテイラー(通称CT70)とは

そもそもチャックテイラー(通称CT70)とはなにか?を簡単に説明します。
先に行っておくと、チャックテイラーとオールスターはある意味一緒みたいな感じです。

たまに街中で見かけませんか?通常のABCマートで売っているような現行のオールスターとなんだか若干違う、ちょっとしっかりしてる?ように見えるコンバース。
わかりやすいところでいうと、以下のポイントが現行オールスターとチャックテイラーの違いです。

  • シャープなつま先のシルエット
  • ラバーがツヤツヤ
  • 分厚いラバーのソール
  • フカフカのインソール
  • ヒールパッチが黒くChuck Taylorとスリースター
  • 親指と小指の部分の補強のあて布
  • コットン100%のシューレース
  • ピカピカアルミのシューホール

これらの特徴をもつCT70とは、コンバース USAが企画する、1960~70年代のチャックテイラー(オールスター)の復刻版になります。
よってビンテージでもチャックテイラーは存在します。

海外でしか生産・販売していないのですが価格を日本円に換算すると大体ローカットで8,000円くらい、ハイカットで9,000円くらいですが、日本では販売していないため、日本での定価というのは存在しません。
日本で販売しているところでいうと、個人輸入のセレクトショップくらいで販売価格は大体16,000円くらい(海外の倍以上…!)。
海外より高いのは関税や手数料、利益を上乗せしているからです。

ちなみになぜ「CT70」というのかは1960〜1970年代に作られたChuck Taylor(頭文字のCT)の復刻シリーズだからです。または「復刻チャックテイラー」とも呼ばれているよう。

現行オールスターとは

まずいっておきたいのは、日本のABCマートや靴流通センターなどの大手量販店で売っているコンバースはコンバースジャパンが企画・販売しているものであり、本国アメリカやヨーロッパ、韓国などで販売されているものとは全く異なります。

なぜそんなことになっているか理由を紐解くと、少し歴史を遡る必要があります。

もともとはアメリカで誕生したコンバースですが、経営困難に陥り倒産。
2001年に日本の伊藤忠商事が資本参加したことにより、伊藤忠は日本での商標権を得て日本国内での販売を開始します。
その後、アメリカの旧コンバース社はあのナイキに買収される形となり、生まれ変わるのですが、その際にコンバース社(新)と伊藤忠との資本関係は切れることになります。

結果、本国アメリカの新コンバース社とはまったく関係がない、日本伊藤忠商事の所有するブランドとしてのコンバースジャパンが日本で展開を続けることになり、それぞれの会社が商標権を持っているため、海外展開する新コンバース社のアイテムは日本で輸入販売できませんし、コンバースジャパンの商品も海外では販売できないことになっています。
こんなにこじれるかね…

  • ナイキ傘下のコンバース ⇒ 日本以外の海外で販売
  • 伊藤忠傘下のコンバース ⇒ 日本のみで販売

現行オールスターの定価はローカットで5,000円くらい、ハイカットで6,000円くらい。安いですよね。

チャックテイラー = オールスターである

つまりチャックテイラーとオールスターは基本的には同じものを指すのですが、日本では以下の認識で扱われることが一般的となっています。

  • 「現行オールスター」 ⇒ 伊藤忠傘下のコンバースジャパンが作るオールスター
  • 「チャックテイラー」 ⇒ ナイキ傘下のコンバースUSAが作るオールスター、もしくはビンテージ

メイドインジャパンのオールスターとは

もともと世間一般的に浸透していた現行のオールスターですが、ソールが薄く耐久性や履き心地に少し欠点があったものをコンバースジャパンの技術で、アップデートしたものが2013年に登場したMADE IN JAPANモデルのオールスター。

見た目はそこまで現行オールスターと大きく変わりませんが、若干細部が異なりしっかりした印象。

量販店でも販売されていますが、BEAMSやUNITED ARROWSなどの大手セレクトショップでも展開されており、定価はローカット、ハイカットともに13,000円くらい。現行オールスターの2倍近くしますがそれに見合う価値はあります。

コンバース アディクトとは

コンバースの生誕100年を記念して、2008年にコンバースジャパンがスタートしたのがCONVERSE ADDICT(コンバース アディクト)。
メイドインジャパンモデルは現行を日本の技術でアップデートしたラインだったのに対し、「コンバース アディクト」は60年代のチャックテイラーを日本の技術で再現した復刻モデルです。

CONVERSE ADDICT(コンバース アディクト)はADDICT(=依存する、中毒)が意味するとおり、 ファッションコンシャスな人たちを魅了するCONVERSEの究極のシューズラインです。毎シーズン、チャックテイラーやジャックパーセルなどのヘリテージモデルをベースに、クラシックなディテールやシルエットを踏襲しながらも、ビブラムソールやカップインソールを採用するなど、美しく機能的に昇華させたアイテムがラインナップされます。

出典 https://converse.co.jp/addict/

定価はローカット、ハイカットともに17,000円くらい。高っっか…!
ちなみにアディクトは限られたセレクトショップで数量限定でしか販売されておらず、抽選予約など購入ハードルはかなり高め。
金額もとても高いので、普通にメイドインジャパンモデルを買うほうがよいのではと思います。

出典 https://converse.co.jp/addict/

コンバース チャックテイラー CT70は偽物が多い?

さて日本では手に入りにくい本格派コンバースのCT70ですが、偽物が多いことでも有名
なんでも路面の古着屋で売られているものや、ネットで購入したものでも偽物が高い確率で紛れているらしく、特に個人間での取引が主なネットオークション(Yahooオークションなど)やフリマサービス(ラクマやメルカリなど)は偽物の巣窟だとか。

購入には慎重な店選びや選定眼が必要です。
どうしてもCT70が欲しい場合は、信頼の置けるセレクトショップや販売実績が豊富なオンラインショップを探しての購入がおすすめです。

コンバース チャックテイラー CT70を購入した方法

かくいう私はめちゃくちゃ調べに調べて結局メルカリで12,000円で購入しました 笑。

購入には慎重に慎重を重ねて選びました。
まず出品者が信頼できる人物かを調べるため過去の取引実績をかなり遡って調べて、質問も細かく行いましたが、結局はイチかバチかの賭けで購入しました。

届くまではかなり心配でしたが、箱を開けてネットで偽物の情報と比べると本物だという確信が持てたので一安心。
しかしこの方法はかなり危険な賭けになってしまうのであまりオススメはできないかもしれません。普通にこの方法で偽物を掴まされた方もいるみたいです。

日本で販売しているところはほとんどないので、購入するとしたら海外のオンラインショップか、台湾や韓国に旅行した際に、コンバースの正規店で購入するのがセオリーです。

私は購入していないのですが楽天市場にもいくつかはあるようです。ただ人気のためサイズ欠けが激しいので、私は値段もクオリティもそこそこなメイドインジャパンモデルをおすすめします。

CT70のサイズ感や履き心地

履き心地はさすがCT70といったところで、伊藤忠の現行オールスターとは比べ物にならないくらいフカフカのクッションソールで、とても歩きやすいです。ちなみにメイドインジャパンモデルも試着したことがありますが、同じようにふかふかです。
ただ、履き込んでいくうちにインソールが沈んでこの履き心地も普通になっていくのだとか。

現行オールスターと比べると横幅が狭くシャープというふうに聞いていましたが、甲高幅広の足をした私は特にいつものサイズで問題ありませんでした。
不安な人はいつものオールスターより0.5cmくらいサイズアップで買うのもいいかも。万が一少し大きかったとしてもオールスターの場合、靴紐をギュッとしばれば履き心地も見た目もいい感じになります。

コンバース チャックテイラー CT70のまとめ

  • CT70は現行オールスターと比べて、細部のクオリティが高い
  • コンバースアディクトは高すぎる
  • ただしCT70は偽物が多いし、購入先は限定的
  • どれを購入するかは、値段とクオリティ、そして購入ハードルによってさまざま
  • 結果、値段もクオリティもそこそこなメイドインジャパンモデルもおすすめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファッション
ケイをフォローする
とまらない物欲日記
タイトルとURLをコピーしました