ジェームス・グロース購入レビュー!マニラジャケット ライダースのサイズ感・革感

この記事は約12分で読めます。

出典 http://greenwich-showroom.com/brand/james_grose

結論からいうと、今回買ったジェームス・グロース(JAMES GROSE)のマニラジャケット(MANILA JACKET)がめちゃくちゃ良かった!ってことです。


ひと昔前であればおとこのワードローブといえば、いわずもがなレザーのライダースが定番で鉄板だった。
しかもVanson(バンソン)やSchott(ショット)などの渋カジ世代ヨロシクな革かっちかちのゴリゴリ系アメジャン。
最近のメンズファッション誌でいうところのRUDOやSENSE系とかですかね。

そんなイメージが定着していたのですが、どうですか昨今のこのライダースブーム。
男臭さ漂うゴリゴリ系メンズだけじゃなく、若いきれいめな方や女性の方などおしゃれに敏感なファッションピーポーもこぞってライダースを着る街中になっているのが驚きだった。

そんなライダースブームの影響をうけてからというもの、ここ数年私もとてつもなく欲しくなっており、しばらく前にライダースは手放してしまったけど、また買い直そうかしら?と思ってから早2年ほど。ほしいと思えるライダースに出会えておらず毎シーズン悶々として過ごしていたTOKYO 2020。

そんなときに運命的に出会ったのが今回購入したJAMES GROSE(ジェームス・グロース)のダブルライダース。
これはめちゃくちゃいい。本当に。
その良さを今回はレビューしたいと思います!

JAMES GROSE(ジェームス・グロース)とは

1876年創業にロンドンで創業したレザーウェアブランド。その歴史の始まりはなんと約150年前!

当時のカタログ?
出典 https://nomanwalksalone.com/makers/james_grose

その後、不況の煽りを受けて1970年代に閉鎖。ライダースコレクターの間では、「幻の英国ライダースブランド」と称されていたそう。そんな伝説のブランドが2015年レザーウエアブランドとして復刻。当時のアーカイブからクラシックなディテールを踏襲しつつ、細身なシルエットでモダンに仕上げたライダースジャケットが人気を博しているようです。

というのも、あのUNIFORM EXPERIMENT (ユニフォームエクスペリメント)が2016年と2017年の2年連続で別注したということが、一気にその名が知れ渡ったの理由なのかもしれません。

UNIFORM EXPERIMENT (ユニフォームエクスペリメント)といえば、そのブランド自体も質とデザインの良さには定評がありますが、選ぶ別注先にも古い歴史と質・デザインの定評があるブランドが多く、過去にはShott(ショット)やBarbour(バブアー)などがあります。
ジェームス・グロースが選ばれたというのも、その品質の良さの裏付けともいえます。

そしてまだ復刻したばかりのブランドなので街中でも着用している人は見かけたことがないので人とかぶりにくいというのも嬉しいポイント。
Lewis Leathers(ルイスレザー)とかSchott(ショット)とかVanson(バンソン)とかだとめちゃくちゃ被るので…。

ジェームス・グロースの実店舗はあるのか?

結論からいうと、現時点でJAMES GROSE(ジェームス・グロース)の直営店は日本にはないようです(2020年3月時点)。また直営オンラインショップも見当たりませんでした。

なのでジェームス・グロースのラインナップ全型を試してみるというのは難しいので、気になったモデルを取り扱っている店舗かオンラインショップを探して購入することになります。
断然オンラインショップのほうがモデルやサイズは揃っています。

ジェームス・グロースを代表するモデル MANILA JACKET(マニラジャケット)

ジェームス・グロースといえばMANILA JACKET(マニラジャケット)、これに尽きます。

出典 http://greenwich-showroom.com/brand/james_grose/collection_01

ベーシックでジェームス・グロースのアイコニックなモデルであり、ジェームス・グロースが当時のアーカイブからクラシックなディテールを細部まで再現しつつ、細身なシルエットでモダンに仕上げたダブルライダースジャケット。 襟付きダブルタイプの古典的なモーターサイクルジャケットで、ウエストの絞り調整のバックルはフロントでなく バックサイドにあり、着丈も長めで全体的にタイトな英国スタイルの通称「ロンジャン」と呼ばれる、 英国の歴史を感じさせるライダースジャケット。

MANILA JACKET(マニラジャケット)のディティール

マニラジャケットのディティールポイントをまとめると下記です。
クラシックかつ細かいところまで作り込まれてます。

  • Made in England
  • 小さめダブルの襟
  • ワインレッドのライニング
  • ジッパーはALBERT ZIPの復刻タイプ
  • 左腕のアームポケット
  • 袖のジッパー
  • ウエストストラップ バックルは英国スタイルのROKKOタイプ(センターピンの無いタイプ)
  • 比較的長めに作られた着丈にストレートなボディ
  • ボールチェーン
  • サイドポケット

マニラジャケットのサイズ感やシルエット

今回、筆者が購入したジェームス・グロースのマニラジャケットはUncut Bound(アンカットバウンド)のショップ別注モデルですので、そのモデルを元にレビューします。

Uncut Boundとは、上野商会というAVIREXなどのカジュアルブランドの卸売事業を手掛けることで有名な会社が、独自のコンセプトでセレクトした海外の魅力あるブランドを展開する店舗型のブランドです。

シルエットはアメリカもののライダースと比べると細身でスタイリッシュです。これはイギリスもののライダースの特徴。今っぽく着られます。

また着丈が長めなので、ベルトの上辺りではなく、腰のあたりまで収まってくれます。
これによりAラインやIラインが作りやすく、とてもコーディネートしやすい。

わたしは168cm 60kgで36サイズがぴったりでした

ジェームス・グロースの革質

Uncut Bound(アンカットバウンド)別注のマニラジャケットは柔らかいが肉厚のシープレザー(羊革)を使用しており、着てすぐ体に馴染みました。街着としては間違いない一着だと思います。私が購入を決めたのもそこが大きかったです。
また肉厚のシープレザーに”シボ”の型押しがしており、ツルッとしたレザーの質感と比べると、表情豊かなのもポイント。

筆者が過去に保有・着用していたのは、有名どころでいうと、Schott(ショット)のシングルライダース、THE REAL McCOY’S(リアルマッコイズ)のA2ジャケット、666(トリプルシックス)のダブルライダース、Aero Leather(エアロレザー)のシングルライダースなどです。

上記のガチレザーブランドはカウレザー(牛革)やホースレザー(馬革)を主に使うことが多いのですが、今回購入したUncut Bound(アンカットバウンド)別注のマニラジャケットはシープレザー(羊革)を使用してます。

シープレザーはカウやホースと比べてとても柔らかく、すぐに体にフィットし馴染みやすい特徴があります。
しかしシープレザーは味(アジ)が出にくいという点も持ち合わせています。

これは人によりますが、カウやホース特有のスレや色落ちの味の出方が好きな方もいるので、一方で体に馴染みにくく、新品を着用すると腕が回しづらかったり、上げにくかったりするので、そこも愛着をもって長い時間をかけて育てる覚悟があれば、よいかなと思っています。(たぶん3ヶ月くらい毎日着るくらいであれば体のラインに馴染んでくるはず)

余談ですが、私はカウレザーのライダースを体になじませるため、毎日ライダースを着て寝ていて、起こしにきた家族にびっくりされた経験があります(笑

中にはレザーを着たままお風呂に入って乾燥するまでそのまま着っぱなしという強者もいるそう(笑

ジェームス・グロースのライダースを使ったコーディネート

ジェームス・グロースのライダースは、オトコっぽい無骨なアメカジスタイルにはもちろん。
ウールパンツやスラックス、スニーカー、 短革靴などとの相性もとても良く大人っぽいスタイルも可能、かなり幅広いコーディネートを楽しむことができそうです。

Tシャツにデニムの王道スタイル

こちらもかっこいい王道スタイル

赤ニットを差し込んだ英国クラシックなバイカースタイル

前を閉じて下のジップだけを開くことでワイドパンツとも相性バツグン

肌寒い春秋にもTシャツの上に羽織るだけで様になります。ワイドなチノパンツでも雰囲気良し

近年、おしゃれなバイヤーや古着通界隈で人気のグルカパンツに合わせると上品なコーディネートに

白パンに合わせればアーバンバイカースタイルの完成。これであれば子供っぽくならず30代後半や40代でも無理せず取り入れられます

タイトで着丈が長めのロンジャンであるジェームス・グロースはデニムだけでなくタートルネックやシックなパンツ、短革靴とも相性がとてもいいです。大人に着こなすならこれですね。

ちなみに私はダブルライダースの着こなしとしては、フロントジップを上まで閉めるスタイルが一番かっこいいと思っており気に入っています、ジェームス・グロースはその佇まいもいい。

最後にわたしのコーディネートです。アンクルカットのスラックスや太めの古着パンツと合わせることが多いです。

手に持ったときにインナーの赤がチラッと見えるのもよい。ボトムスはGUNG HO(ガンホー)のベイカーパンツに、靴はダナーライトのブラックです。

ジェームス・グロースのここが良い!まとめ

  • 約150年前からある歴史ある伝統的な英国ブランド
  • 復刻したばかりのブランドなので人とかぶりにくい
  • 有名ブランドもコラボに選ぶ品質の良さ
  • 選ぶならまずは代表的なモデル MANILA JACKET(マニラジャケット)
  • 細かく作り込まれたクラシックスタイル
  • 細身でスタリッシュでコーディネートしやすい
  • シープレザーは柔らかくて、体に馴染みやすく街着にオススメだがカウやホース
  • も良い
  • 王道のデニムスタイルから、シックなスラックススタイルまで幅広く取り入れられる

なにがいいたいかというと、めっちゃオススメってことです(笑

タイトルとURLをコピーしました