厳選!透けない厚手のヘビーウェイトTシャツ16選!無地多め

この記事は約15分で読めます。

巷にたくさん流通しているヘビーウェイト系のTシャツ。
ヘビーウェイトというと、その名の通り、重く肉厚でしっかりした生地を使用しており、インナー透けやチク透けがしないので、涼しくなってくると1枚で着たくなりますよね。
しかし、ヘビーウェイトのTシャツって結構いろいろあるんですよね。
ヘビーウェイトの無地Tシャツはシンプルな分、ディテールや素材、シルエットの違いで印象がかなり変わります。
そこで今回は、白のヘビーウェイトTシャツばっかり着ている私が、「これは!」と思える、1年中おすすめできる、定番かつ人気ブランドのTシャツを厳選しました。
シンプルなアイテムだからこそ、自分のスタイルにあった上質な1枚を見つけてみてください!

透けないヘビーウェイトTシャツを表す「オンス(oz)」とは?

Tシャツの厚さを表示するときに使われる「オンス(oz)」とは生地の重さを表しています。
一般的に、3〜4オンスの生地は非常に薄手で、白Tシャツの場合は、インナーや乳首などが透けて見えてしまいます。
一方ヘビーウェイトといわれるのは大体、5〜7オンス程度の生地のことで、肉厚で耐久性があり、一枚で着てもインナーや乳首は透けません。
今回紹介するTシャツラインナップはどれも5オンス以上なので、一枚で着てもサマになります。
一言にヘビーウェイトTシャツといっても、価格は1000円程度〜数千円程度と幅広く、生地の質感やシルエットもいろいろあります。

生地のオンスが高い順から紹介していくので、価格やシルエット、生地の厚さなどを考慮して、ぜひ自分のスタイルにあったヘビーウェイトTシャツを見つけてください。

グッドオン(Good On)9オンス ヘビークルーTシャツ

一般的に5〜7オンス程度でヘビーウェイトといわれるTシャツですが、グッドオンのTシャツは圧巻の9オンス!ウルトラヘビー級です。
厚みがあるボディは良質なアメリカンコットンを使用しており、独特なざらついた生地の表情や着心地を味わうことができます。
厚みがある生地はゴワついた着心地になるのですが、それが気にならない動きやすくするために、ボックス型のゆとりをもったシルエットになっています。
価格は大体6000円前後。

生地の厚さ ・・・★★★★★
コスパのよさ・・・★★☆☆☆

ヘルスニット(Healthknit)8.26オンス マックスウェイトTシャツ

アメリカンコットンを使用した8.26オンスのウルトラヘビーウェイトなTシャツです。
ヘルスニットはTシャツのボディを製造するメーカーとして有名ですが、その中でも一番厚手なTシャツがこのマックスウェイトTシャツです。
スウェットに近い厚みがありますが、肌触りは柔らかく着心地はとてもよさそうです。
価格は大体5000円前後。

生地の厚さ ・・・★★★★★
コスパのよさ・・・★★★☆☆

キャンバー(CAMBER)8オンス マックスウェイトTシャツ

ヘビーウェイトが自慢のCAMBERの定番アイテム、ウルトラヘビー級の8オンスTシャツ。
メイドインUSAのTシャツは糸がきつく編まれ、丈夫で肉厚。何回洗っても生地がヘタれることはありません。
横幅が広く丈が短めで、どっしりとしたボックスシルエットと首元が詰まった見た目が印象的で、ヘビーウェイトならではのザラザラでがっしりとした着用感で、アメカジの無骨な雰囲気バツグンです。
流行りのビックシルエット風なスタイルにもぴったりです
胸ポケットなしとありで、価格は大体5000円前後〜6000円前後。

生地の厚さ ・・・★★★★★
コスパのよさ・・・★★★☆☆

プリントスター(Printstar)7.4オンス スーパーヘビーTシャツ

日本で初めてプリント用ボディTシャツをつくった国内シェアNo. 1の定番ブランド「プリントスター」。
最近ではプリントスターでもヘビーウェイトTシャツが販売しています。
プリントスターの特徴はなんといっても、コスパの良さ。
7.4オンスというかなりのヘビーウェイトでありながら、1000円前後程度(オンラインだと1000円以下)で手に入れられます。
7オンスレベルのTシャツで1000円台でもかなりの格安なのに、オンラインだと1000円以下で買えるって驚愕です…!
デザイン的には特徴のない、いわゆるベーシックでシンプルなTシャツなので普段使いにも最適。
価格は大体800円〜1200円前後。

生地の厚さ ・・・★★★★☆
コスパのよさ・・・★★★★★

グッドウェア(Goodwear)7.2オンス ヘビーウェイトTシャツ

ヘビーデューティなアメリカのブランド「グッドウェア」の7.2オンスのポケットTシャツ。
創業当時からアメリカ製を貫く姿勢と、粗野でタフな肉感のTシャツはキャンバーのTシャツとも少し似ていますが、こっちのほうが丈が若干ですが長い印象。
とはいえ一般的なTシャツと比べると横に広がったボックスシルエットです。またキャンバーのTシャツと比較すると首元も詰まりすぎておらず、着やすい印象。
豊富なカラー展開も魅力です。
価格は大体6500円〜7000円前後。

生地の厚さ ・・・★★★★☆
コスパのよさ・・・★★☆☆☆

ユナイテッドアスレ(UnitedAthle)7.1オンス スーパーヘビーウェイトTシャツ

プリントTシャツのボディで知られるユナイテッドアスレにもヘビーウェイトTシャツが存在します。
こちらは、ヘビーオンス生地とはいえ、繊維の間に空間があり適度な空気を含んでいるので、柔らかくしなやかな着心地になっており、着こむほどに体にフィットしていきます。
そして、なんといっても魅力的なのはその価格。だいたいAmazonや楽天市場などのオンラインショップだと1000円〜1500円程度で買うことが可能です。
胸ポケットなしとありで、価格は大体1000円前後〜1500円前後。

生地の厚さ ・・・★★★★☆
コスパのよさ・・・★★★★★

フルーツ オブ ザルーム(FRUIT OF THE LOOM)7オンス ヘビーウェイトTシャツ

こちらもTシャツのボディメーカーとしては、超がつくほどの有名ブランドのフルーツオブザルームです。
ビンテージTシャツでもよく見られるフルーツオブザルームですが、日本オリジナルでヘビーウェイトのパックTが存在します。
程よい厚みで、ワンポイントとして左下の裾部分にうっすらとロゴがプリントされているのがアクセントになっています。
元はアメリカブランドですが、日本企画の製品ということもあり、アメリカTシャツのザラッとした生地の質感はなく、どちらかというとなめらかな質感なので、インナーとしても活躍できそうです。普通といえば普通のいわゆるベーシックなTシャツ。
価格は大体2000円前後。

生地の厚さ ・・・★★★★☆
コスパのよさ・・・★★★★☆

チャンピオン(Campion)7オンス ヘリテージジャージー T2102

みなさんご存知のチャンピオンからは、あまり日本では流通していない、アメリカ企画のヘリテージジャージーという、ヘビーウェイトTシャツをおすすめします。
コットン生地の表面はザラッとした肌触りでカラッと乾いたような質感を持っており、細かい凹凸があり表情豊かです。
目が粗いので、ジーンズやチノパン、古着やアメカジ・ストリートファッションと相性が良さそうです。
またチャンピオンならではの、左袖のワンポイント刺繍ロゴがシンプルなTシャツにほどよい味付けをしてくれるので、一枚で着るのにおすすめ。
首元は、ほかの多くのTシャツはロックネックという縫製を採用していますが、このチャンピオンはバインダーネックという耐久性の高い仕様になっています。
また日本で多く流通している日本企画のチャンピオンTシャツは5000円程度と少し高めなのですが、このアメリカ企画のチャンピオンはとても安く、価格は大体1500円前後。

生地の厚さ ・・・★★★★☆
コスパのよさ・・・★★★★★

↓シルエットやサイズ感、乾燥機後の縮み具合など、こちらの記事でさらに詳しくレビューしています。

カーハート(Carhartt)6.75オンス ポケットTシャツ

みんな大好きカーハートから、アメリカ企画のポケットTシャツです。
カーハートにはCarhartt WIPというファッション向けのラインがあるのですが、紹介するのはそれではなく、昔から販売されているアメリカ企画のカーハートのポケットTシャツです。
Carhartt WIPにもポケットTシャツはあるのですが、あちらは薄めでなめらかで上品な質感なのに対し、このアメリカ企画のTシャツはいかにもワークウェアのカーハートらしい、粗野で無骨な生地とシルエットとなっています。
このTシャツを購入するときの注意点としては、丈がかなり長いということ。タックインスタイルがしやすく、身長が高い方や、大きめのTシャツをブカっと着たい方におすすめです。女子が着るのにもいいですね。
胸ポケットに、カーハートロゴのパッチがついているので、ファッションに取り入れやすい形です。
価格は大体4000円〜5000円程度。

生地の厚さ ・・・★★★☆☆
コスパのよさ・・・★★☆☆☆

プロクラブ(PRO CLUB)6.5オンス ヘビーウェイトTシャツ

ヒップホップシーンで着用者が多いプロクラブは、ヘビーウェイトTシャツといえばこれ!という方も多いのではないでしょうか。
プロクラブTシャツの最大の特徴は、丈夫でギュウギュウに詰まった首元のリブと、その圧倒的な白さだと思っています。
ヘビーオンスながら、なめらかな質感と、脇に縫い目がない丸胴ボディでチクチクしないので、着心地はバツグン。
若干長い着丈は、いかにもアメリカワーカーのTシャツって感じです。
価格は大体1500円前後。

生地の厚さ ・・・★★★☆☆
コスパのよさ・・・★★★★★

↓シルエットやサイズ感、首元のつまり具合や、白さの比較など、こちらの記事でさらに詳しくレビューしています。

ヘインズ(Hanes)6.1オンス ビーフィーTシャツ(BEEFY)

キングオブパックTシャツのヘインズでは、ヘビーウェイトTの代名詞とも言われているビーフィーTです。
脇に縫い目がない「丸胴編み」や首元のタグはプリントなので、チクチクせずストレスない着心地よい仕上がり。
アメリカを感じるさせるクラシックなボックスシルエットです。
1枚パックと2枚パックの販売があり、比較的どこでも安く売っているので手に入れやすく、1枚試してみるのはアリだと思います。
価格は胸ポケットなし1枚で大体1500円程度。2枚で2500円〜3000円程度。胸ポケットありが1枚2000円程度。

生地の厚さ ・・・★★★☆☆
コスパのよさ・・・★★★★★

ギルダン(GILDAN)6オンス ウルトラコットンTシャツ

アメリカのマーケットシェアNo.1のTシャツブランドギルダン(GILDAN)。
ギルダンの特徴というと、なんといっても40色を超えるカラバリの豊富さと、その圧倒的な安さ。1000円以下で購入することが可能です。
空気を含んだざっくりした素材感の生地はプリントするのに最適で、あらゆるプリントTに採用されているボディです。
価格は大体600円〜800円程度。安い!

生地の厚さ ・・・★★★☆☆
コスパのよさ・・・★★★★★

ベルバシーン(Velva Sheen)5.4オンス Tシャツ

1930年代に誕生し、最近復刻したベルバシーンです。
現代に蘇ったベルバシーンは当時と同じメイドインUSAを貫いており、その生地はアメリカ独特の「ガシガシ、ゴワゴワ」した風合いのよい質感になっています。
復刻したベルバシーンはそのこだわりようがすごく、当時を再現して、ポケットの左右を数ミリ単位で調整し歪んだ様に見せたり、アメリカの工場で専用の編み機を使ってつくられた筒状の布地を使用しているため、脇に縫い目がない丸胴ボディでチクチクしないので、着心地はバツグンです。
シルエットはボックス型ですが、少し袖が短いのが特徴的で、大きめに着るというよりはジャストサイズのほうが格好良く決まりそうです。ストレートジーンズやワークブーツなどのアメカジスタイルとよくマッチしそう。
1枚のバラ売りだと割高なので、2枚パックTを買うのをおすすめします。
価格は2パックTで7700円程度。

生地の厚さ ・・・★★☆☆☆
コスパのよさ・・・★★★★☆

アヴィレックス(AVIREX)デイリーウエア リブTシャツ

ミリタリーウェアで有名なアヴィレックス(AVIREX)です。
アヴィレックスといえば、フライトジャケットが有名ですが、丈夫でタフなTシャツも昔から展開しています。10年くらい前は、タフなTシャツと言えばこれで、割とどこにでも売っていましたが、現代は各社白Tシャツのラインナップが豊富なため、影を潜めてしまいましたが、やはりまだまだ実力は健在です。私も昔はよく着ており、何度も買い替えました。
オンスは不明なのですが、丈夫で洗濯しても伸びないタフなリブ編み生地を使用しており、伸縮性があります。
首周りや袖周りにもリブがあり、少しキュッとくびれているため、鍛えた体にはぴったりです。
タイトなフィット感が特徴的なので主にインナーTシャツとして活躍できそうです。
首側にロゴプリントと、脇の縫い目にピスネームがあり、デザイン的なアクセントがあります。
価格は大体3000円程度。

生地の厚さ ・・・★★☆☆☆
コスパのよさ・・・★★★☆☆

ユニクロユー(UNIQLO U)

番外編として、あのエルメスのディレクターも努めたクリストフ・ルメールが手掛ける、ユニクロユー(UNIQLO U)のTシャツをご紹介します。
オンスは不明ですが、厚手で一枚で着ても透けないし、ユニクロだとどこでも安く手に入れられるのでおすすめです。

エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖)

2020年に登場してから、爆売れしているTシャツです。
裏地はエアリズムで肌触りがサラサラなのに、表地はコットンなので安っぽく見えず、ドロップショルダーやワイドフィットでトレンド感たっぷりのビックシルエットな見た目です。
価格は1500円。

生地の厚さ ・・・★★☆☆☆
コスパのよさ・・・★★★★★

クルーネックT

通年で販売している、ユニクロUの定番Tシャツです。
耐久性、デザイン性、着こなしやすさ、全てを兼ね備えた究極のベーシックTシャツといわれています。
太めの糸をつかった風合いのある生地で、コンパクトなシルエットになっているので、ジャストサイズで着ても、大きめサイズを選んでざっくり着てもよさそうです。
価格は1000円。

生地の厚さ ・・・★★☆☆☆
コスパのよさ・・・★★★★★

ジーユー(GU)ワイドフィットT(5分袖)

流行りのデザインと低価格が魅力的なジーユーでも肉厚なTシャツがいくつか販売されています。

ワイドフィットT(5分袖)

ナチュラルで荒っぽい表面感が特徴の5分袖Tシャツ。身幅が広く、着丈が短めのワイドフィットで、ビックシルエットになっています。
価格は990円。

生地の厚さ ・・・★★☆☆☆
コスパのよさ・・・★★★★★

ルーズフィットT(5分袖)

なめらかなタッチのスムース素材を使用したルーズフィットTシャツ。落ち感のあるシルエットに加え、長めの袖丈と着丈でルーズなビックシルエットになっています。
価格は990円。

生地の厚さ ・・・★★☆☆☆
コスパのよさ・・・★★★★★


いかがでしたでしょうか?ぜひ自分にピッタリのお気に入りの肉厚Tシャツを見つけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました