ノースフェイス ヌプシブーティー暖かすぎて高スペック過ぎてぽかぽか

この記事は約6分で読めます。

足元が寒い冬に最適な靴はなんだろう?

季節の変わり目になると、アウター類の入れ替えとともにはじまるのが足元の入れ替え。
夏はサンダルやスニーカーでよかったけど、冬となると防寒も兼ね備えたボリュームのあるスニーカーやマウンテンブーツ・ワークブーツ、ムートンブーツあたりが定番のはず。
しかし、そのあたりに飽きがでてきたタウン住みのオシャレ感度高めのメンズ、もしくはガチ寒い地方にお住みの方におすすめなのがTHE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)のヌプシブーティーウォータープルーフVIショート(ユニセックス)です!

ヌプシブーティーウォータープルーフVIショート(ユニセックス)とは

テックプルーフ™防水メンブレンをインサートし、サーモライト®中わたで軽量さと保温性を向上させた、保温用防水ウィンターショートブーツです。摩耗強度を高めたリップストップナイロンに撥水加工を施した素材をアッパーに使用。ソールにはTHE NORTH FACEオリジナルのビブラム®アイストレックを採用。日本人の足に合うラスト形状で仕上げ、足首ホールドシステムを内蔵することでフィット感を高めています。日常からアクティブシーンまで多用途に活躍する1足です。ユニセックスモデルです。※防水仕様の商品ですが、着用状況により防水加工部以外から水が浸入する可能性があります。

GOLDWIN公式サイトより引用

よく一般的には「ダウンブーツ」というような表現をすることがあるんですが、ノースフェイスのヌプシブーティーは実際にはダウン(水鳥の羽毛)は使用しておらず、高機能素材であるTHERMO LITE(サーモライト)を中わたに使用しています。これがめちゃくちゃ暖かい。

また防水加工を施しているので、雨や雪が降っていても、ブーツの内部まで水が浸透しにくく、保温機能が妨げられにくいのが特徴です。

しかもソールには高機能なブーツや高価格帯のブーツには定番の”あの”Vibram(ビブラム)社製のソールを使用しているので歩きやすさも完璧な一品!

やっぱりノースフェイスは安定的にかっこいい!

アウトドアブランドだけあってその品質には絶対的な信頼をおけるノースフェイスですが、ファッション性の高さにも定評があります。
毎シーズンSupremeなどのストリートブランドやBEAMSなどのセレクトショップブランド、また国内・グローバルなど様々なブランドとコラボしており、シンプルなアイテムにも「あのかっこいいマーク」があれば、一気に気持ちも高ぶる信頼と実績のブランド。

サイズや着用感、保温性など、足元ファッションのポイントにもGood!

ノースフェイス ヌプシブーティーのサイズについて

普段はスニーカーであれば26cm程度、ワークブーツであれば25.5〜26cm(7.5〜8インチ)、程度を履くわたしですが、ヌプシブーティーは26cm(8インチ)をセレクトしました。
25cm(7インチ)と悩みましたが、中わたで靴の内部も狭めということもあり、この選択をしました。
ちなみに、ヌプシブーティーはハーフサイズがないので、26cm(8インチ)の次のサイズは27cm(9インチ)で1cm刻みで選ぶことになります。

メンズもレディースもどちらでも履けるユニセックスモデルで、サイズはUS5〜11(23.0cmから29.0cm)あたりまで揃っているようです。

サイズ寸法(ユニセックス)

 インチcm
523.0
624.0
725.0
826.0
927.0
1028.0
1129.0

ノースフェイス ヌプシブーティーの着用感(履き心地)について

小さめよりは大きめが絶対いいです。
というのもヌプシブーティーは中わたで靴の内部も狭めのつくりになっているので、小さめサイズを選ぶとかなりきつくなってしまう懸念があります。普段例えば25.5cmとかのハーフサイズを選んでいる方であれば26cm(8インチ)を選ぶと間違いがないと思います。

履き心地は、もう。。。めちゃくちゃ最高!
足全体を暖かく包み込むフィッティングで革靴のように足の指や甲が痛い、というようなことは考えにくいです。
またVibram(ビブラム)社製の厚めのソールのおかげで、地面をがっしり踏みしめる歩行感もあり、とても歩きやすく、長時間歩いていても疲れにくいと感じました。

ファッションのポイントとして足元のボリュームがいい感じ

ボリューミーなブーツになるので、冬の足元のポイントとしてもファッション性が高いです。

冬になると、ダウンジャケットやフリース、コートなどアウターにボリュームがあるので、足元が細いスニーカーだとバランスがわるい場合があります。
その点、ヌプシブーティーであればボリュームも抜群なので、アウターの存在感に負けない印象です。
おすすめとしてはボリューミーなアウターに細めのパンツ、そしてヌプシブーティーを合わせるとボン・キュッ・ボン(笑)でバランスよくコーディネートできました。

キャンプなどのアウトドアにも最適!雪山にも?

寒い時期に力を発揮するヌプシブーティーですが、タウンユースでの着用はもちろんのこと、アウトドアやキャンプ、軽い登山でもその力を活かせると思いました。

またヌプシブーティーのカタチ上、紐で編み上げるタイプではないため、スリッポンシューズのような足入れができ、例えばテントを出入りする際にもすぐに脱ぎ履きできるというメリットがあります。
脱ぎ履きのしやすさでいうと、座敷の居酒屋でもその機能を発揮できます(居酒屋でシューレースブーツはかなり面倒くさい笑)

スノーボードに出かけるときもよく履いていたのですが、とても快適に暖かく過ごせたので、おそらく雪山などにも使用できると思います。

冬小物としてプレゼントにおすすめ!

クリスマスなどの冬のプレゼントにもおすすめです!価格帯はだいたい1万円中盤〜2万円弱程度で手を出しやすい価格帯なのと、ファッション性も高いアイテムなので、男女ともに喜ばれること間違いなしです!またシーズンによって、変化はありますがカラーバリエーションが豊富なのもプレゼントに最適な理由です。

他にもノースフェイスのイーチップグローブもプレゼントにおすすめ!

ノースフェイス ヌプシブーティーのデメリット

デメリットを1つあげるとするなら、暖かすぎることかな…

私は足の温度が高いようで、ヌプシブーティーを履いて電車にのったり暖房が効きすぎている室内にいると、足が蒸れてしまいました。。。
これは私特有の問題かもしれませんので、冬に先端冷え性で悩んでいる方にはぴったりだと思います。

まとめ

  • 普通のスニーカーやブーツに飽きたファッション感度高い方におすすめ
  • THERMO LITE(サーモライト)やVibram(ビブラム)ソールなどのテクノロジー搭載
  • サイズは大きめが良い
  • ファッションのポイントとしてボリュームがでる
  • 足全体を暖かく包み込むフィッティングと長時間歩いていても疲れにくいソール
  • キャンプなどのアウトドアに最適
  • 足入れ抜群!脱ぎ履き楽ちん
  • 価格帯やカラーの豊富さから、男女ともにプレゼントに最適
  • 暖かすぎることがデメリット?
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファッション
ケイをフォローする
とまらない物欲日記
タイトルとURLをコピーしました