5,000円台の偏光サングラス!ダン・シェイディーズの代表3モデルとおすすめモデル ZENITH

この記事は約6分で読めます。

暖かくなってくる季節。今年の夏に向けてなんの小物を買い足そうか、となると割と上位候補に上がってくるのが夏のイベントには必須の「サングラス」。

しかし、機能やデザインもいろいろだし、アウトドアでのイベントで使うにも、壊したり、失くしたりが心配で、あんまり高い価格のものには手を出しづらい…
かといってそこらへんの1,000円くらいのサングラスを買うのもなー、という読者諸兄。
いいのがあるんですよ、その名もダン・シェイディーズ(Dang Shades)!

偏光レンズのサングラスで5,000円台は破格

ダン・シェイディーズはサングラス機能の中でも高機能だとされる偏光レンズを備えていながらなんと5,000円台で買えちゃうという、びっくりなブランド。

偏光レンズとは(釣りやアウトドアにピッタリ)

路面や水面、雪面、ガラスなどを見たとき、自然光の乱反射によってまぶしかったりギラついて見えにくかったりするのを特殊なフィルムでカットしクリアな視界にしてくれるレンズです。
スポーツや、釣り、スノーボード、ドライビングなどアウトドアでのシチュエーションに適しています。

視界の色調を損なうことなくコントラストを強め、雪原等からのギラギラした乱反射をカットし目が疲れにくく、すっきりとした快適な視界を確保するレンズ。ゲレンデにおけるライディング面の状況把握等で通常のレンズとは違った効果を発揮します。

出典 https://dangshades.jp/

参考:偏光機能を備えた他ブランドの価格帯

普通、サングラスに偏光機能を追加するとなるとプラス10,000円なんてのもザラなのに、ダン・シェイディーズはもともと偏光機能を兼ね備えているモデルでも、5,000円台ですよ5,000円台、ええ何度も言います。そのくらいびっくりプライスなんです。

参考までに、
レイバンの場合だと普通のレンズのものが17,000円だとして、偏光レンズを追加すると23,000円くらい(その差、プラス6,000円…!
オークリーの場合だと普通のレンズのものが18,000円だとして、偏光レンズを追加すると27,000円くらい(その差、プラス9,000円…!

この情報だけみても、ダン・シェイディーズって買いですよね?

ダン・シェイディーズ(Dang Shades)とは

プロ・スノーボーダーとして活躍をしているChris Beresford(クリス・ ベレスフォード)が2008年にアメリカ・ソルトレイクシティから立ちあげたブランド。

元々「Hang Loose(気楽にいこう)」というハワイのサーフ・カルチャーから始まったスラング(握りこぶしの親指と小指を立てて振るジェスチャー)をもじって、「Dang Loose Shades(めちゃくちゃゆるいカンジのサングラス)」と呼んでいたのを、Looseが抜けて「Dang Shades」というブランド名に。失くしたり壊したりしてもすぐに買い換えられるお手頃な価格で非常に好評なアイウェア。スポーツやフィッシングなどのアクティビティはもちろん、ドライブや買い物など普段使いまで、様々なライフスタイル・シーンまで幅広く、洋服を着替える様に気軽に使える遊び感覚に溢れたモデルが続々登場。

出典 https://dangshades.jp/

手軽な値段なので、少し乱暴に使用しても「また買い換えればいいか!」くらいのノリで扱えるため、スポーツやアウトドア、フェスなどのアクティビティにぴったり。

ダン・シェイディーズの代表モデル3選

ダン・シェイディーズのモデルすべてに偏光レンズが使われているわけではありませんが、代表的なモデルを3つ紹介します。

ORIGINAL

抜群のフィット感とカラーバリエーションで、ライディング時はもちろん、様々なライフスタイル・シーンに合わせたボーダレスなコーディネートが可能。

出典 https://dangshades.jp/

FENTON

Dang Shades のオーナー兼サポート・ライダーのクリス・ベレスフォードが、10代前半まで過ごした街のストリートの名前が由来になったフレーム・モデル。通常のラウンド型フレームの良さを残しつつ、男女問わずユニセックスに使用可能。テンプルのはメタル・ロゴを埋め込んだ仕様。

出典 https://dangshades.jp/

EASTHAM

Dang Shades が、よりファッション性を追求したフレーム・モデル。ハーフ・リムに近い外観が、今までの Dang にはなかったアーバンなテイストを感じさせてくれる。ユニセックスに対応するフレームは、唯一無二のスタイルを実現してくれる。

出典 https://dangshades.jp/

おすすめの一押しモデルはZENITH(ゼニス)

上記の代表的なモデル以外で個人的におすすめなのが、2019年に登場した新フレームのZENITH(ゼニス)。

これは偏光レンズも兼ね備えているし、小ぶりなウェリントンタイプでアウトドア感もそこまで強くないので、普通に街中でも着用しやすいモデルだと思います。

ブランド・オーナーのクリス・ベレスフォードゆかりのソルトレイクシティのストリートの名が由来。ボストンとウェリントンの魅力をミックスさせた、やや小さめのボスリントンがベースで、男女ともにフィットするサイズ感とシェイプが特徴。専用ケース付。

出典 https://dangshades.jp/

ZENITH(ゼニス)のディティール(写真)

実際購入していろいろ触ってみました。
正直、フレームの頑丈さや質感は値段それなり、という感じです。ただ5,000円台で、偏光レンズでこのデザイン性の高さ、となると全然コスパ高いと思います。
またサイドフレームの「DANG」のメタルロゴもかっこいい。

ちなみにダン・シェイディーズのサングラスは全モデルにソフトケースが付属されます。
こんなに安いのにケースまでつけてくれるってどれだけ親切なの…?

着用イメージ(写真)

かけてみて、その形・シルエットの良さがとても気に入りました。
小ぶりなウェリントンタイプのフレームが大きすぎず小さすぎず、なんとも絶妙な大きさ。
かけ心地も軽やかでストレスを感じにくいです。

参考:定期的に雑誌のGO OUTともコラボしてる(写真)

おしゃれなアウトドア雑誌「GO OUT」とも定期的にコラボしているようです。
下記は2019年に発売されたDang Shades x GO OUTコラボのZENITH(ゼニス)。
淡いグリーンの偏光レンズにべっ甲柄フレームがいい感じでした。

まとめ

  • 偏光レンズは釣りやスポーツなどのアウトドアに最適
  • 偏光レンズも兼ね備えていて、デザイン性も高くて5000円台で買えるダン・シェイディーズ!
  • おすすめモデルはZENITH(ゼニス)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクセサリー サングラス ファッション
ケイをフォローする
とまらない物欲日記
タイトルとURLをコピーしました